学習障害と言われていた子を育てた三つ子のお母さんから

 

「障害と見るのではなく、誰もが光り輝いている存在であり可能性は無限大であることを ミュージカルで伝えたいのでぜひ創っていただきたい。」

 

 

 それが今回のミュージカルの制作と公演の始まり。

 

障害とともに生きる演出家だからこそ

生涯に渡る励ましのエールが

贈れることでしょう。

 

人との違いが、感動に変わる
ミュージカル、乞うご期待!

 

10人の子どもと12人の大人が90日間をかけて親子で挑戦します。

 

7月2日(日)

守口市エナジーホールにて皆様をお待ち申し上げております。